kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

祇王寺の散紅葉の見頃は?おすすめのアクセス方法やコースは?

祇王寺の散紅葉の見頃は?おすすめのアクセス方法やコースは?

京都の祇王寺といえば、知る人ぞ知る京都の紅葉スポットです。

嵐山や清水寺のような誰しも知っている名所ではありませんが、祇王寺の散紅葉はぜ一度見ておきたいですよね。 ただ、散紅葉が有名ということもあり、いつ行けばいいのか判断が難しいです。

そこで今回は祇王寺の散紅葉の見頃についての話題を中心にご紹介したいと思います。

祇王寺の散紅葉の見頃はいつ?

5f3f37174ead18f0da0c457e32ed29d1_s

祇王寺のある奥嵯峨・嵐山一体の紅葉の見頃は11月中旬から12月上旬なので、11月25日頃に行けばいいのかなぁと思いますが、どうもそういうわけではないようです。

Sponcered Links

というのは、祇王寺の場合は散紅葉が有名なので、もう少し遅めが見頃です。日にちで言うと11月30日頃です。

奥嵯峨の山麓にあるということでかなり市の中心に比べれば比較的空いていて、昼過ぎのピークでもそこまで混雑していないのが特徴です。

オススメの時間は午後2時~3時にかけてです。木漏れ日が散紅葉を照らす様子はとても幻想的ですよ。

祇王寺の散紅葉の見頃
時期:11月中旬から12月上旬

おすすめの日にち:11月29日

おすすめの時間:午後2時

 

祇王寺の拝観時間や拝観料はこちらです↓

拝観料:300円

拝観時間:午前9時~午後5時(受付終了は午後4時半)

祇王寺へのアクセス方法は?

奥嵯峨にあるということで、アクセスは少し難しいかなと思いますよね。 確かに、市の中心にある清水寺や下賀茂神社といった有名な観光名所に比べると遠いです。

ミドルと5行目と15行目だよ

でも実は、京都市の右京区に位置していて、市バスでもアクセス可能なんですよ。また電車や徒歩でもアクセス可能なので、それぞれのアクセス方法をまとめてみたいと思います。 ぜひ参考にしてみてください!

祇王寺への電車でのアクセス方法

電車でアクセスする場合は、JRもしくは嵐電を使います。

1.京都駅⇒(JR嵯峨野線 園部行)⇒嵯峨嵐山駅⇒(徒歩)⇒祇王寺

京都駅から行く場合は、JRで一本で行けます。嵯峨嵐山駅からは徒歩20分です。

2.河原町駅⇒(阪急京都線)⇒大宮駅⇒(徒歩)⇒(嵐電)⇒嵐山駅⇒(徒歩)⇒祇王寺

四条や三条からアクセスする場合は阪急を使って大宮駅まで行きます。大宮駅から嵐電に乗り換えて終点の嵐山駅まで行きます。 嵐山からは祇王寺までは徒歩20分です。

Sponcered Links

祇王寺への市バスでのアクセス方法

京都市から離れたところにあるイメージの祇王寺ですが、市バスで行くことも可能です。

1.四条河原町から 市営11番(山越中町行)乗車―(約50分)―嵯峨小学校前 下車 徒歩

22分

 

2. 四条大宮(阪急大宮駅)から 市営91番(大覚寺行)乗車―(約30分)―嵯峨釈迦堂前 下車 徒歩20分

 

3. 阪急嵐山駅から 市営28番(大覚寺行)乗車―(約10分)―嵯峨釈迦堂前 下車 徒歩20分

 

大覚寺から徒歩でのアクセス方法

祇王寺を訪れるときはぜひ近くにある大覚寺も一緒に観光することをおすすめします。大覚寺と祇王寺と一緒に拝観すると、共通拝観券が使えて、200円お得になります。

HPによると、大覚寺の拝観料が500円で祇王寺が300円で合わせて800円のところ600円になるそうです。 大覚寺からは徒歩で25分くらいです。

個人的には嵐山を観光した後に天竜寺、竹林、常寂光寺、祇王寺まで一日かけて散策するコースをオススメしたいと思います。

ちょうど嵐山のベストタイムは朝日が上るころなので、祇王寺へ着くころには昼過ぎになっていてちょうどいい時間になりますよ。ただ、祇王寺がピークを迎える11月29日頃だと嵐山のピーク日は若干過ぎてしまうので、嵐山⇒祇王寺コースを観光するときは11月26日頃がちょうどいいかもしれません。

ちなみに電車で嵐山に観光へ行く際も下りる駅は嵯峨嵐山駅か嵐山駅です。

まとめ

祇王寺の散紅葉の見頃は、

時期:11月中旬から12月上旬

おすすめの日にち:11月29日

おすすめの時間:午後2時

オススメのコースは、 嵐山⇒天竜市⇒竹林⇒常寂光寺⇒祇王寺です。 最後まで読んでいただきありがとうございました。  

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top