kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

モネ展東京の混雑状況!空いてる時間を聞いて見た♪

モネ展東京の混雑状況!空いてる時間を聞いて見た♪

東京都美術館で開催されているモネ展、かなり混雑しているようです。何でもチケットを買うのにも15分も待たないといけないんだとか。。。Σ(・□・;)

先日、「モネ展京都の混雑予想!ゆったりモネを楽しみたーい!!」記事を書きましたが、東京のモネ展の混雑状況を知りたい方も当ブログにお越しいただいています。前回書いた記事は京都のことなので、せっかく来ていただいた方には申し訳ないことをしてしまいました。

すみませんっ!

そこで今回は、東京で開催されているモネ展のここ最近の今後の混雑状況を電話で聞いてみたので、ぜひ参考にして頂ければと思います。混雑状況と一緒に、混雑を回避する方法も教えて頂いたのでそちらも合わせて利用していただければと思います。

スポンサードリンク

混雑状況は?

まずは平日の混雑状況ですが、ズバリ、「朝から混んでいます」とのこと。普通、美術館は昼過ぎから混雑しますが、朝から混雑が開始するようです。さらに、

「チケット売り場で15分。入場までに10分ほどお時間をいただいています。」

と、当日券を買って入場する場合は、美術館について25分も待ち時間があるようです。休日についてはさらに混雑するそうで、チケット売り場、入場ともに+5分~10分ほど待ち時間を考慮した方がいいとのことでした。

ん、、、、ちょっと予想外の混雑ですね。以前開催されたルーブルやマグリットの時も同じくらい混雑したのでしょうか^^:

  チケット売り場で 入室まで  
平日 10~15分 10~15分  
土日 15~20分 15分~25分  

当日の混雑状況はこちらより確認できます。

スポンサードリンク

 

今後の混雑予想!

これだけ待ち時間があると、フラッと行くとはできないですよね。今後混雑が緩和されることがあれば、その時を狙っていきたいところです。ただ、美術館は会期が終わりに近づくにつれて混雑は増します。

モネ展の日程を確認しておくと、、、

モネ展の日程
期間:9月19日(土)~ 12月13日(日)
休室日:毎月・10月13日・11月24日
ただし、9/21・10/12・11/2・11/23は開室
開館時間:9時半~17時半(通常)

12月13日が最終日なので、12月以降は混雑が進むと思われます。今月から来月の頭あたりがねらい目でしょうか。

ただ、今後の混雑状況は、

「今後の展示によっても変わる可能性があります。」

との回答をもらいました。どういうことでしょうか。

現在、『印象、日の出』の展示があります。日の出の展示は10月18日までですが、現在の混雑状況が日の出を見に来ている方なのか、そうでないのかは美術館の方でわからないそうです。

さらに、10月18日に≪日の出≫が終わった後には10月20日から最終日まで『ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅』の展示もあり、こちらも混雑が予想できます。

2つの展示の間(10月19日)に行って混雑回避を狙う手もありますが、せっかくモネ展に行くからには、2つの展示のどちらかは見たいですよね。

そこで、展示期間中でも≪比較的空いている時間≫や、『混雑を回避する方法』をご紹介したいと思います。

オススメの時間と鑑賞方法は?

「朝から混雑しております」

とのことだったので、早朝行ってゆったり鑑賞はできません。4時頃から混雑は解消するそうですが、閉室が17時半なのでちょっと時間的に不安ですよね。電車が遅れたり、たまたま行った日に混雑していて30分も待たされたら落ち着いてみることができません。

そこでぜひ利用していただきたいのが、夜間開室です。毎週金曜日と土曜日は夜8、9時頃まで開室しています。夜間開室の時間は日によって異なるのでこちらでご確認ください。

10

 

11

 

 

 

12

 

 

チェック!!
■ 9/19(土)~10/18(日)
金・土・10/11(日)は夜9時まで!

■10/31(土)~11/2(月)
夜8時まで!

■ 上記以外の金曜日
夜8時まで

またチケットは当日買わずに、ネットやチケットショップで買うと混雑を避けることが出来るのでオススメです♪

 

 

まとめ

いかがでしたか? さすがモネ展ということもあり、会場は混雑しているようですね。混雑状況をもう一度確認しておくので、参考にして頂ければと思います。

モネ展東京の混雑状況
  • チケット売り場で15分以上
  • 入場で10分以上
  • 朝から混雑あり
  • 混雑回避するなら夜間開室を利用♪

私たち日本人は印象派の作品が好きだそうです。印象派の代表的な画家のモネ展にこれほど人気が集まるのは自然のことかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top