kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

曼殊院へのアクセス‼京都駅からはバス、電車、車で比較してみたよ

洛北の観光名所といえば曼殊院が有名です。ただ京都の中心から少し離れているので、

「アクセス方法がわかりづらい・・・・」

そんな声もちらほら見受けます。そこで今回は、京都駅から曼殊院のアクセスについて、バス、電車、車でのアクセス方法を比較してみたいと思います。

実際に紅葉シーズンに曼殊院までアクセスしてきたので、交通状況などリアルな体験も交えつつご紹介します。

ちなみに個人的にはバスでのアクセスをオススメしますっ!

スポンサーリンク
この記事を三行でまとめると!
バス:乗り換えなく楽ちん&最安

電車:市内混雑時はこちらがオススメ

車:最速のアクセス方法(白川通りのタイムズに駐車)

 

 

バスでのアクセス

バスで京都駅から曼殊院までアクセスする場合は、市バス5系統に乗ります。曼殊院は最寄りの停留所から距離があるので、バスから降りて17分ほど歩きます。

降りる停留所は一乗寺清水町で、京都駅バスターミナルでの乗り場はA1です。

また一乗寺清水町は、市バスの一日乗車券の範囲外なので、一日乗車券を持っていても、+90円かかるので、予めあ小銭を用意しておきましょう。

市バス5系統でのアクセス

市バス5系統でアクセスする場合は、京都駅バスターミナルA1乗り場でバスに乗り、一乗寺清水町で下車します。

 

市バス5,17系統でのアクセス
京都駅 (乗り場A1)
↓🚌 市バス5(52分) 
一乗寺清水町
↓👤 徒歩(17分)
曼殊院門跡

所用時間:69分
運賃:320円

 

google mapでは京都駅から最寄りのバス停までの所要時間は52分となっていますが、実際には57分かかりました。なので前後5分前後の誤差はあるようです。

スポンサーリンク

電車でのアクセス

電車で京都駅から曼殊院までアクセスする場合は、地下鉄烏丸線と市バス5系統を利用します。

電車でのアクセス

京都駅から地下鉄烏丸線に乗って、国際会館駅で下車します。国際会館駅前(停留所)で市バス5系統に乗って一乗寺清水町で下車します。

一乗寺清水町から曼殊院までは徒歩で17分ほどです。電車でのアクセスの方がバスよりも130円高く、時間もそれほど変わらないので、基本的にはバスを利用する方がいいでしょう。

ただし、市内が混雑している時は、電車でのアクセスも考慮しておくといいかもしれませんね。

 

JRでのアクセス方法
京都駅
↓🚇 地下鉄・烏丸線(20分)
国際会館駅
↓👥 徒歩(1分)
烏丸今出川(停留所)
↓🚌 市バス5(9分)
一乗寺清水町
↓👥 徒歩17分
曼殊院

所用時間:53分
料金:450円

電車とバスでのアクセス・まとめ

☟の地図で緑の線が電車でのアクセスです。途中、四条通を東に向かうのがバスでのアクセスです。

電車でのアクセスもバスのアクセスも曼殊院への最寄りのバス停は同じです。電車の方がバスよりも130円高いですが、6分ほど早いです。観光シーズンは市バスはさらに5~10分ほど時間がかかるので、混雑している時は地下鉄を利用するといいでしょう。

観光シーズン以外は、それほど時間も変わらないのでバスを利用することをオススメします。電車からバスへの乗り換えに時間がかかると思うので、実質、市バスでのアクセスの方が早いと思います。

バス停から曼殊院までのアクセス

先日、曼殊院まで行った時に最寄りのバス停(一乗寺清水町)から曼殊院まで道の写真をとっておいたので、よろしければ参考にしてくださいね。

バス停(一乗寺水町)を下りると、横断歩道を渡った先に酒屋(リカーマウンテン)があります。

01169a43ccb6ac3e3037bba18625776a218335b745

酒屋の横の道に入ります。

010eb72ab1dcb6f232fe1d0717de7cf49878135d7b

まっすぐ進み、突き当りを左へ曲がります。

01469efcd68da4e089d8ba52465f295e67aa48bda3

1本目の交差点を右に曲がり、しばらく直進します。

01409c63f04d3442c960727f89e6a60a0b3f05fc4c

2本目の交差点を左へ曲がります。(左手に地図が出るのでそれが目印です。)

100mほど歩くと道が二手に分かれるので、右に進みます。
01a3c005ea4bb6c3d852100de0f65782b523f009e8

道なりに進むと左へ行ってしまうので注意してくださいね。あとは道なりにまっすぐ進みます。

途中、食器屋さん(うるしの常三郎)もあるので、時間に余裕がある場合は立ち寄ってみるのもいいかもしれません^^

車でのアクセス

車でもアクセスできますが、紅葉シーズンや桜の季節はオススメしません。なるべく公共交通機関を使う方がいいです。

曼殊院へのアクセスは「なるべくバスを使いましょう」という話はよく聞いていましたが、実際に曼殊院に行ってみて改めてそう思いました。

というのは白川通りから曼殊院までの道幅も狭いですし、それに駐車場も混雑していました。基本一車線で、カーブも多いので車でのアクセスは大変だと思います。大変だけならいいですが、中にはカーブを曲がるときにクラクションを鳴らしながら曲がる車もいたので、他の人にも迷惑をかけてしまうかもしれません。

例え安全運転を心がけていても中には、運転の荒い人もいるので、車で行くと他の人からひんしゅくを買う可能性は高いです。

もし車やで行く場合は、北山通のタイムズ修学院のコインパーキングに止めて、そこから徒歩で行くことをオススメします。タクシーの場合は、酒屋さん(リカーマウンテン)の前で下してもらいましょう。

そうすると車でのアクセス方法が最短なので、時間に余裕がないときはオススメのアクセス方法になります。バスよりも20分近く早いです。

まとめ

いかがでしたか?

京都駅から曼殊院までのアクセス方法を、バス、電車、車の3つを紹介しました。あなたの京都観光のスタイルに合わせて参考にしてもらえれば幸いです。

最後にもう一度、まとめておきますね。

曼殊院へのアクセス
バス:乗り換えなく楽ちん&最安

電車:混雑時はこちらがオススメ

車:最速のアクセス方法(白川通りのタイムズに駐車)

 

 

 

スポンサーリンク

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top