kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

東福寺へのアクセス‼京都駅からは電車かバス!!車はオススメしませんッ

東福寺へのアクセス‼京都駅からは電車かバス!!車はオススメしませんッ

京都駅から東福寺までのアクセスは、電車かバスがオススメです。個人的には電車の方がオススメです。

電車なら京都駅から1駅です。

一方で、車でのアクセスはオススメできません。なぜなら駐車場もなく、また東福寺周辺の道は狭く、観光客の人で混雑しているからです。

今回は、バス、電車、車でのアクセスを比較してみたので、ぜひ参考にしてくださいね。

バスでのアクセス

バスで京都駅から東福寺までアクセスする場合は、市バス208系統です。京都駅バスターミナルD2で乗車し、”東福寺”で下ります。バス停から東福寺までは約1km、徒歩で10分ほどです。

 

市バス南5系統でのアクセス
京都駅 (乗り場D2)
↓🚌 市バス208(16分)
十条相深町
↓👤 徒歩(11分)
東福寺

所用時間:27分
運賃:230円

 

バス停から東福寺までのルート

バス停を下りて、乗ってきたバスと同じ方向に30mほど歩くと、東福寺の石の看板が見えます。

013bd4c64708a8ce06be3b981e9462220a79c7ee72

こちらが目印です。

010385aab956dd0ddb053857f432c00c00298fc46f

この道に入って、後は道なりにまっすぐ進みます。途中T字路がありますが、左に曲がります。

このバス停から東福寺へアクセスする人は多いので、迷ったら他の人についていくといいでしょう。

T字路を左に曲がり、、

01d5c6baa8f4aff158787c8b6f1c0d93f2b2abc038

道なりにまっすぐです。

01857d89cb21fc87a352b6ca7734cf6738d1b3fb2b

電車でのアクセス

電車で京都駅から東福寺までアクセスする場合は、JR奈良線を利用します。JR奈良線で東福寺駅まで乗車し、東福寺駅から東福寺までは徒歩で11分ほどです。

JRでのアクセス方法
京都駅
↓🚈 JR奈良線(2分)
東福寺駅
↓👥 徒歩(11分)
東福寺(停留所)

所用時間:13分
料金:140円

新幹線や在来線で京都まで来た場合は、そのままJR奈良線に乗り換えていくといいでしょう。わざわざバスに乗り換えるのも面倒ですし、時間もかかりますからね。

東福寺駅からのルート

東福寺駅を出たら、まず右に曲がります。

01e1d769806af0c0fb33bf0673b93d5c94cb1cc636

道沿いに軽食屋さんや酒蔵が並んでいるので、途中休憩も兼ねて寄って行ってもいいかもしれません。ちなみに四畳半神話体系というアニメの舞台になった”上野酒店”もこの通り沿いにあります^^

ちなみに上野酒店は、ツバメソースを販売しているお店です。樋口師匠からの指示で主人公が買いに来たお店ですね。

しばらくまっすぐ歩くと、小さい橋を渡るので、渡った先の道を左に曲がります。すると東福寺の門が現れます。

↓の看板と電柱の標識が目印です。

0121cdc9d9d9f8af24bae6e616257abc3871070a6b

200mほど坂を上ると、東福寺の門をくぐります。

010980866e207f758e4f3da0771570c29f0d9de5a1

東福寺の受付は、☝の門をくぐった左手奥にあります。

電車とバスでのアクセス・まとめ

電車でのアクセス方法とバスでのアクセスルートをご紹介します。オレンジのルートが電車でのアクセス方法です。

横のグレーのルートがバスでのアクセス方法です。

京都駅から電車で1駅で、しかも電車の方が最寄り駅から東福寺までが近いので、電車でのアクセスがオススメです。

車でのアクセス

私が確認した限り、東福寺には駐車場がありませんでした。駐車場っぽい場所はありましたが、別の寺院の駐車場でした。

なので、東福寺は車のアクセスはオススメできません。

どうしても車でアクセスしたい場合は、近くのコインパーキングを利用するといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

京都駅から東福寺までのアクセスを、バス、電車、車の順で紹介しました。

どのアクセス方法が良いかは人ぞれぞれだと思うので、参考にして頂ければ幸いです。

  料金 時間 オススメ度
バス 230円 27分 ★★
電車 140円 13分 ★★★
15分

「参考になったよ」という場合は、↓のSNSボタンで教えてくださいね。

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top