kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

京都市美術館へのアクセス‼京都駅からはバスがオススメ!車は観光シーズンはNG

京都市美術館へのアクセスは個人的にはバスがオススメですが、近くに市営の岡崎公園駐車場もあるので車でのアクセスも可能です。

ただし、春の桜の季節やお正月は近くの平安神宮がとても混雑するので、駐車場も満車になります。なので、観光シーズンは車でのアクセスは控えた方がいいでしょう。

今回は、バス、電車、車でのアクセス方法を比較したので、どのアクセス方法が良いか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

バスでのアクセス

バスで京都駅から平安神宮へ行く場合は、市バス5系統または100系統を利用します。下りるバス停は、『岡崎公園 美術館・平安神宮前』です。長い名前のバス停ですね。

市バスでのアクセス

市バス5、100系統で平安神宮へ行く場合は、バス乗り場A1またはD1で乗車し、『岡崎公園 美術館・平安神宮前』で下車します。

スポンサーリンク
市バス100系統でのアクセス
京都駅(乗り場D1)
↓🚌 市営100(27分)
岡崎公園 美術館・平安神宮前
↓👤 徒歩(2分)
平安神宮

所用時間:31分
運賃:230円

バス停からのアクセス

バスを降りて、通りの向い側が京都市美術館です。

IMG_4204

少し戻ったところに横断歩道があるので、横断歩道を渡ります。

赤い鳥居は、平安神宮の大鳥居ですね。

 

 

電車でのアクセス

京都駅から京都市美術館へ電車でアクセスする場合は、地下鉄を使います。乗り換えが一回ありますが、渋滞に巻き込まれる心配がなく、交通費もそこまで高くありません

バスが混雑する春や秋の観光シーズンは電車でのアクセスもオススメです。

京都駅から地下鉄烏丸線に乗って、烏丸御池で地下鉄東西線に乗り換えて、東山駅まで向かいます。

東山駅から京都市美術館までは徒歩8分ほどです。

スポンサーリンク
電車でのアクセス方法
京都駅
↓🚇 地下鉄・烏丸線(5分)
烏丸御池駅
↓🚇 地下鉄・東西線(5分)
東山駅
↓👥 徒歩(8分)
京都市美術館

所用時間:21分
料金:260円

駅から京都市美術館までのアクセス

京都市美術館までのアクセスをご紹介します。まず駅の改札を出たら出口1番から地上へ出ます。

IMG_4194

地上に出たら左手へ進みます。

IMG_4195

駅を出るとすぐ地図があるので、こちらを参考にしながら行くといいかもしれません。

しばらくまっすぐ歩いていると、左手に大きな鳥居が現れます。

平安神宮の鳥居ですね。この鳥居に向かって真っすぐ進むと、ちょうど鳥居の右手に京都市美術館があります。

IMG_4200

京都市美術館は現在発掘工事中で、少しわかりづらいので、鳥居を目印にするといいでしょう。

IMG_4210

電車とバスでのアクセス・まとめ

電車でのアクセス方法とバスでのアクセスルートをご紹介します。京都駅からまっすぐ北へ向かうルートが電車でのアクセス方法です。

バスは紅葉シーズンや桜の季節は混雑するので、車内が混雑するのが苦手という場合は、地下鉄を利用するといいでしょう。

バスでのアクセスの場合、100系統の方が早く着きます。ゆっくり岡崎界隈を歩きたいという方は206系統に乗りましょう。

車でのアクセス

京都駅から車で京都市美術館へアクセスする場合は、岡崎公園駐車場を利用します。京都の他の観光地や観光スポットに関しては車でのアクセスをオススメしていませんが、(むしろ止めていますが笑)京都市美術館の場合は、車でのアクセスはオススメです。

というのも、近くにある岡崎公園駐車場が市営の駐車場で、収容台数が500台もあるので満車の心配もありません。しかも京都市美術館まで徒歩2分なので、アクセスも簡単です。

ただし、桜の季節やお正月は、車でのアクセスはオススメできません。というのも、近くにある平安神宮がとても混雑するので、駐車場も満車になるからです。

タクシーの場合は、京都市美術館の前までつけることができます。

車でのアクセス方法
京都駅

塩小路通り

川端通

二条通り

岡崎公園駐車場

所用時間:20分
駐車料金:最初の1時間は500円、以降30分ごとに200円

まとめ

いかがでしたか?

京都駅から京都市美術館へのアクセス方法について、バス、電車、車と紹介しました。参考にして頂ければ幸いです。

交通手段 料金 時間 乗り換え
バス × なし
電車 あり
×

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「参考になったよー」という場合は、↓のSNSボタンで教えてください。

スポンサーリンク

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top