kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

平安神宮の桜の見ごろは?2017年の開花は平年並み!

平安神宮の桜の見頃は3月下旬から4月中旬です。

某雑誌の特集でこのように紹介されていたのですが、思わず、

「ざっくりすぎるだろーー」

と思ってしまいました笑。3月下旬から4月中旬が見頃の桜はたくさんありますからね。

そこで今回は、過去の開花情報も調べてみました。2017年、平安神宮の桜を見に行くときは、ぜひ参考にして頂ければと思います。

2017年、平安神宮の桜の見ごろは?

平安神宮の桜の見ごろは、3月下旬から4月中旬です。平安神宮にはソメイヨシノ紅枝垂れ桜、ヤマザクラなど、合わせて300本もの桜があります。

早咲きの桜は3月中に見頃を迎えることもありますが、多くの桜は4月に入ってからが見頃です。

去年の開花情報

平安神宮の開花状況は年によって変わりますが、参考までに一昨年の開花情報をご紹介しておきます。旅行の計画を立てる際は、去年の開花情報を参考にしてくださいね。

日付 開花情報
3月20日 境内全域でつぼみです。
3月24日 ソメイヨシノのつぼみは膨らむが、紅しだれ桜はつぼみ。
3月28日 早咲きの桜が見ごろを迎えているが、紅しだれ桜はつぼみ。
3月31日 紅しだれ桜は一部開花しているが、境内全域でつぼみが多い。
4月2日 ところどころで桜の開花が急速に進む。
4月5日 境内全体で見頃
4月8日 境内全域で紅しだれ桜の見頃が続いている。
4月11日 散り始めているが、見ごたえは十分。
4月13日 散り始めているが、まだ見頃。
4月15日 見頃が続いているが、落花が目立つ。
4月19日 見頃終了。

一昨年は、4月2日から13日が見頃でした。

一昨年は京都の桜はほぼ例年通りの開花でした。

なので例年通りの2017年も4月2日から13日にかけてが見ごろとなりそうです。

また上の表では見ごろの期間も参考になります。紅葉に比べて見ごろの期間が短い桜。

見ごろの期間は11日しかありません。桜の場合は花びらなので、散るときはあっという間に散ってしまいますよね。

そういう儚い感じが日本人の感性に合っていいのかもしれません。ただ、見ごろを逃してしまうと桜は楽しめないので要注意です。

見ごろを逃さないために少し早めに行くか、葉桜でも楽しめるという場合は見ごろを狙って行くといいかもしれません。

私の場合は桜が散っている姿が好きなので、見ごろかピークをちょっと過ぎた日を狙います!

葉桜も楽しめる人間なんで笑

運よく見ごろに平安神宮をおとずれた時はラッキーです。平安神宮の桜にはたくさんの見どころがあります。

今から3つ平安神宮の花見ポイントを紹介するので参考にしてみてくださいね。

平安神宮の桜の見どころは?

平安新宮の桜の見どころはたくさんありますが、今回紹介する3つの見どころは、

  1. 『紅の雲』と喩えられる神苑
  2. 左近の桜
  3. 紅しだれ桜のライトアップコンサート<

平安神宮なのにコンサート??

いったいどんな内容なのか気になりますね。

早速、1つずつ見ていきましょう!!

1.『紅の雲』と喩えられる神苑

平安神宮の裏には大きな庭があります。神苑と呼ばれる庭で、苑内には大きな庭と庭を取り囲むように桜の木が植えられています。

本殿の西から入り、西神苑、南神苑、東神苑と1周30分ほどの道を歩きながら桜を堪能することができます。

明治の文豪・谷崎潤一郎は、小説『細雪』の中で南神苑一帯の桜のことを”紅の雲”と喩えたことで有名です。薄紅色の桜で苑内がいっぱいになるので、一度見たら忘れられないと思います。

『門をくぐった彼女たちは, たちまち夕空にひろがっている
紅の雲を仰ぎ見ると,皆が一様に「あー」と,感歎の声を放った』 
〜谷崎潤一郎「細雪」〜

谷崎潤一郎というと、夏目漱石や森鴎外に並ぶ文豪ですが、特に情景描写と女性心理を描くことに優れていました。

『細雪』という作品も戦前の裕福な女性姉妹を描いた作品です。家族との関係や見合い話が中心に物語が進みますが、とても男性が描いた作品とは思えません。

細やかな表現で、頭の中できれいな景色が鮮明に浮かんできます。

京都の桜を谷崎がどのように表現したのか・・・・

平安神宮を訪れる前に目を通しておくといいかもしれませんね。

個人的には、苑内の池にうつる桜もとても印象的でした^^

2.左近の桜

平安神宮の桜というと、苑内だけが取り上げられがちですが、本殿の周りにもあります。左近の桜は平安神宮の本殿の右側にあります。

「え・・左近なのに右なの!?」

と思うかもしれませんが、もともとは平安京の内裏にある紫宸殿から見て左にありました。天皇の元服など儀式が行われる場所です。

天皇から見て左側にあるから左近の桜というわけですね。

ちなみにもともとは桜ではなく梅だったそうで、その梅は1000年以上前に枯死してしまったそうです。その後も梅の代わりに桜を植えたことが左近の桜のきっかけだそうです。

左近の桜は平安神宮以外にも京都御所、大覚寺にもあるので、3つの左近の桜を比較しても面白いかもしれませんね!

3.紅しだれ桜コンサート

普通の桜も素晴らしいですが、ライトアップした桜もきれいですよね。

平安神宮では、紅枝垂れ桜が見事を迎える4月前半の4日間、東神苑でライトアップがあります。その間、邦楽や洋楽、雅楽などの公演が行われます。

生の音楽と、夜桜を一緒に楽しめるなんて贅沢ですよね。

すでに2017年のコンサートの予定も決定しているので、気になる方はぜひ確認してみてください。

平安神宮紅しだれコンサート2017
日程:2017年4月6日、7日、8日、9日
時間:18:15~21:00
入場料:2000円

演奏は各日2回あり、1回目は18:40分~19時20分。2回目は19:50分~20時30分です。

時間に都合のつく場合は、平安神宮で夜桜を見ながら音楽に耳を傾けてみてはいかがでしょうか??

ちなみにコンサートとは言いますが、特に客席があるわけではありません。アーティストの方の音楽を聴きながら、お客さんは神苑を散策します。

ライトアップされた桜と、素敵なアーティストの音楽で、昼間とは違った平安神宮の桜を楽しめるわけですね。

いかがですか??

平安神宮の桜の見どころを紹介しました。

見どころがたくさんある平安神宮ですが、平安神宮だけで1日を過ごす方は少ないと思います。平安神宮以外にも京都の桜の名所はたくさんあるので、ぜひほかも訪れてみてくださいね。

ということで、続いては平安神宮と一緒に訪れたいオススメのコースを紹介します。

5年間京都に住んでいた私がオススメするガイドブックに載っていない桜の名所も紹介しますよ~

平安神宮と一緒に周るおすすめコース!!

今回紹介するオススメのお花見コースはこちらです!

神宮丸太町駅➡平安神宮➡インクライン➡南禅寺➡哲学の道

距離は約7㎞。1日かけてゆっくり桜を楽しめるコースです。

神宮丸太町駅を出発

出発は京阪・神宮丸太町駅です。京阪といったら枚方パークを運営している鉄道会社です。岡田准一さん演じるひらぱー兄さんはもはや全国区ですよね。

神宮丸太町駅ももともと丸太町駅という名前だったのですが、平安神宮に近いということで改名しました。

京都の観光地の名前を駅名にして、積極的にお客さんを呼ぼうとする姿勢が伝わってきますね^^

さて、神宮丸太町駅から平安神宮に向かいますが、そのまま東へ行かず、南に下りましょう。すると鴨川に注ぐ小さな川が現れます。

ガイドブックには載っていませんが、この川沿いの桜がとてもきれいです^^

学生の頃はよく夜桜を見ながらお酒を飲んでいました笑

この小さな川を遡っていくと平安神宮につくので、道に迷う心配もありません。スマホで地図を確認する必要もなく、写真撮影に専念することができますよ。

インクライン

先ほど平安神宮の見どころは説明したので、平安神宮を出た後です。

平安神宮のあとはインクラインへ向かいます。インクラインとは船を運ぶための水路のことです。明治初めくらいまでは、実は水上交通が盛んだった京都。

琵琶湖から荷物は船で運んできていたんですね。

その名残がインクラインです。今でも、荷物を載せた船の模型が置いてありますよ。

そのインクラインの両側を桜の木が囲んでいます。また、インクラインを上ると京都市内を見渡す丘になっているので、そこからの景色も必見です^^

南禅寺

インクラインで桜を見た後は南禅寺へ向かいます。南禅寺といえば歌舞伎の舞台にもなっていることで有名です。

石川五右衛門が主人公の歌舞伎で、南禅寺の山門の上から石川五右衛門がある言葉を叫びます。

どんな言葉を叫ぶかは、南禅寺の山門を登ればきっとわかるでしょう!!

哲学の道

そして最後は哲学の道です。

その昔、京都大学のある哲学者がよく歩いたことから哲学の道と呼ばれています。

疎水に沿った小路で、その両側に桜が植えられています。

ちなみにとある哲学者とは、日本の西田幾多郎という哲学者で、彼の哲学には『桜』が出てきます。

哲学に桜なんて、なんともイメージしづらいですが、もしかしたら哲学の道で歩きながら思いついたアイディアなのかもしれませんね。

ただあまりにも物思いにふけって川に落ちてしまったという伝説もあります。

川には特に柵はありませんので、哲学の道で花見をするときは、サクラに見とれて落ちないように注意してくださいね。

どこに行こうかまだ迷っている場合はぜひ参考にしてくださいね。

すでにどこに行こうか決まっている場合は、平安神宮までのアクセス方法を確認しておくといいでしょう。

平安神宮へのアクセス方法

平安神宮のアクセスはバスか電車がオススメです。車でのアクセスも可能ですが、オススメはできません。近くには500台以上停められる岡崎公園の駐車場もありますが、桜の季節は混雑します。

なので、できるだけバスか電車がいいでしょう。

京都駅からバスでアクセスする場合は、市バス206系統または100系統に乗ります。電車でアクセスする場合は、地下鉄を利用します。

どちらも京都駅から30分ほどです。

平安神宮へのアクセス京都駅からはバス、電車?車も大丈夫!

平安神宮の桜・まとめ

e2a35acfe4af62ec209c0408e23e890f_s

平安神宮の桜の見ごろについて、過去の開花情報を紹介しながらお伝えしました。桜の季節にはまだ早いかもしれませんが、宿の予約はすでに始まっているという話も聞きます。

2017年の春に京都を訪れる際は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

それでは最後にもう一度、平安神宮の桜の見ごろや平安神宮の敷地にある桜の種類や本数、拝観時間などを一度まとめておきますね。

平安神宮の桜
見ごろ:3月下旬~4月中旬
桜の種類:ヤエベニシダレザクラ、ソメイヨシノ、ヒガンザクラ、ヤマザクラ
本数:約300本
拝観時間:6:00~18:00(神苑8:30~17:30)
料金:無料(神苑は600円)
場所:京都市左京区岡崎西天王町97
連絡先:075-761-0221
休み:なし

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top