kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

哲学の道の桜in2016の見頃は?ピークはあっという間なので気を付けて

哲学の道の桜in2016の見頃は?ピークはあっという間なので気を付けて

哲学の道の桜の見頃は4月上旬から4月中旬です。

ただし、2016年は暖冬の影響で少し早まる予想です。

哲学の道の桜の魅力は、その盛大さです。約1.5kmにわたり450本もの桜が植えられていて、しかもそのほとんどがソメイヨシノです。

なので春になると一斉に見頃を迎え、とても贅沢な気分を味わえます。

ピーク時は道に沿ってすべての桜が満開を迎えますが、一方で見頃を過ぎるのもあっという間です。2016年の春に哲学の道を訪れる場合は、事前にしっかり調べておく必要がありそうです。

スポンサードリンク

ということで今回は、2016年の哲学の道の桜の見頃について去年の開花状況をお伝えしながら紹介したいと思います。

一緒に桜の見どころも紹介するので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

桜の見頃と開花情報

哲学の道の桜の見頃は、4月上旬から4月中旬です。

開花時期は桜の種類によって違うので、去年の開花情報を参考にしながら旅行の計画を立てるといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

去年の開花情報

哲学の道の開花状況は年によって変わりますが、参考までに去年の開花情報をご紹介しておきます。旅行の計画を立てる際は、去年の開花情報を参考にしてくださいね。

3月17日:つぼみ

3月23日:つぼみ

3月31日:開花開始

4月2日:満開

4月6日:全体的に散りはじめる。

4月14日:全体的に葉桜

去年は3月31日から開花が始まり、4月6日まで見頃でした。4月9日には場所によって葉桜になり、14日には全体的に葉桜になりました。

1か月間も見頃が継続する京都御苑とは対照的に、哲学の道の桜はあっという間です。理由は、哲学の道の桜の種類がソメイヨシノ1種類だからです。

雑誌などでは、哲学の道の見頃は4月上旬から4月中旬と紹介されていますが、年によって変わります。中旬まで大丈夫だからといって15日に行っても、去年だったら完全に見頃を過ぎて葉桜です。

なので、哲学の道に花見に行くかどうかは、開花予想をしっかり確認して決めた方がいいでしょう。

「満開の桜を見に来たかったのに・・・・」

なんてことがないようにしたいですね。

哲学の道の見どころは?

哲学の道の桜の見どころはたくさんありますが、今回はその中でも3つご紹介したいと思います。

1.盛大な桜道

IMG_1484

哲学の道の桜の魅力は、何といってもその盛大さです。桜の種類がほぼすべてソメイヨシノなので、一斉に開花を迎えます。

450本もの数のソメイヨシノが一斉に満開を迎えるので、見頃のピークは言葉を呑んでしまうほどです。

また哲学の道のわきには疎水が流れていて、桜の花びらがひらひらと川面に落ちていく様子も桜の儚さを感じます。

哲学者・西田幾多郎がよく歩いたというのも納得ですね。

2.夜桜もオススメ!

哲学の道ということで、物思いにふけるような静かな道を想像していませんか?

もしそうだとしたら、残念ながら違います。昔は哲学者が良く散歩に来るほどゆったりした時間の流れる道だったそうですが、今は観光客の人で毎日賑わっています。

特に桜の季節になると外国人観光客の人もたくさん来るので、とてもではないですが考え事なんてできません^^:

ただ、昼間はとても混雑しますが、夕方から夜にかけては比較的人も少なくなります。なので、ゆったりと桜を鑑賞したい方は夕方から夜にかけて訪れるといいでしょう。

ちなみに哲学の道では桜のライトアップは行わないので、あまり夜遅くになると暗くなります。というか真っ暗です笑

午後6時~7時くらいを狙っていくといいと思います。

3.西田幾多郎の純粋経験を経験!

250px-Kitaro_Nishidain_in_Feb._1943

最後はかなりマニアックな見どころなので、興味のない方は飛ばしてください笑

個人的には、

「哲学の道に来たらやはり哲学をしたい!!」

と思うので、この径をよく歩いた西田幾多郎の”純粋経験”について紹介します。純粋経験といのは凄く簡単に言うと、(というか詳しくは説明できませんが)

「我を忘れるくらいきれいな桜に見とれましょう!!!」

ということです。

え・・・・どこが哲学なの?

と思うかもしれませんが、”私”という存在を考える時にこの我を忘れるという経験がとても大切で、西田哲学の糸口にもなっているようですよ。

・・・と、また続きは別の機会にお伝えできればと思います。

お花見情報まとめ

「哲学の道」の桜の見頃や桜の種類、本数などを一度まとめておきますね。

見頃:4月上旬~4月中旬

桜の種類:ソメイヨシノ

本数:約450本

料金:無料

場所:京都市左京区鹿ヶ谷通

哲学の道へのアクセス方法

哲学の道へのアクセスはバスがオススメです。

車や電車でのアクセスも可能ですが、オススメはできません。電車の場合は、最寄り駅が哲学の道から遠いので結局バスを使うことになります。

車の場合は、駐車場の確保が難しいのでオススメしません。一応哲学の道の近くには観光用の駐車場がありますが、台数が限られています。しかも桜の時期は混雑必死です。

「せっかく哲学の道まで来たのに駐車場が満車で行けなかった」

なんて悲しい事態を避けたいですよね。

やはり、車でのアクセスよりもバスでのアクセスが良いです。

バスで京都駅からアクセスする場合は、市バス100系統か5系統で40分ほどです。

詳しいアクセス方法は↓をご覧くださいませ。

哲学の道へのアクセス京都駅からはバスがいいよ電車と車はオススメできない…

哲学の道の桜の様子

2016年の哲学の道の桜の様子はこちらです。銀閣寺方面から哲学の道へ入り、南禅寺や永観堂のある若王子神社までです。

IMG_1424

バスを降りるといきなり疎水とその上に咲く桜が見えました。前方には、

IMG_1428

満開の桜と、その奥には大文字山が見えます。この交差点(白川今出川)から見る大文字は春が一番きれいですね。

IMG_1431

交差点を渡ると哲学の道の入り口です。

IMG_1432

疎水に沿ってソメイヨシノが並びます。

IMG_1435

8分咲きですね^^

IMG_1438

IMG_1446

5分ほど歩くと、銀閣への道と哲学の道の分かれ道に差し掛かります。右手が哲学の道です。

IMG_1484

IMG_1448

IMG_1491

植えられている桜の種類がほぼソメイヨシノで、一度に見頃を迎えていました。とても豪華で贅沢な道ですが、その代わり一気に散ることを考えると少し寂しい気持ちもしますね。

IMG_1500

IMG_1494

 

まとめ

いかがでしたか?

”哲学の道”の桜の見頃について、過去の開花情報を紹介しながらお伝えしました。桜の季節にはまだ早いかもしれませんが、宿の予約はすでに始まっているという話も聞きます。

2016年の春に京都を訪れる際は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

哲学の道の桜
見頃:4月上旬から4月中旬
(去年は3月31日から見頃)

見どころ:

  1. 盛大な桜道
  2. 夜桜もオススメ
  3. 西田幾多郎の純粋経験を経験

最後まで読んでいただきありがとうございました<m(__)m>

「参考になったよ」という場合は、↓のSNSボタンで教えてくださいね。

スポンサードリンク

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top