kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

京都の蛍は哲学の道で!!2017年の時期と時間帯オススメは?

京都市内の蛍の名所と言えば、『哲学の道』。

哲学の道は京都御所から東へ2kmほど離れた場所にあります。哲学の道の入り口近くには銀閣寺があり、道沿いには数多くの有名なお寺や神社があります。

春には桜、冬は雪景色がきれいな観光名所ですが、意外と知られていないのが晩春から初夏の蛍。

疎水沿いを飛ぶ蛍の姿は春の満開の桜とは違う趣きがあります。

それでは2017年の蛍狩りに向けて、蛍が鑑賞できる期間や時間帯を紹介します。

スポンサーリンク

オススメの時期と時間は?

a779448d55b905da530a2eb4f79e5b7b_s

まず哲学の道の蛍の時期は5月下旬から6月中旬。

ピークの時間帯は1日に3回あるそうで、1回目が午後8時、2回目が午前0時、3回目が午前3時です。

こ蛍の時期と時間帯

期間:5月下旬から6月中旬

ピーク:午後8時、午前0時、午前3時

 

ちなみに蛍は日本全国で見れます。関東の飛翔期間はだいたい6月中旬から7月上旬。

関東に比べて京都の方が1か月ほど早いです。このずれは蛍前線ともいわれていて、蛍前線は4月中旬の沖縄から始まって、8月下旬の北海道まで4か月かけて日本列島を北上します。

続いてオススメの時間帯について。蛍は1日で3回もピークの時間があります。

1回目の午後8時がオススメですが、その時間帯は観光客や学生さんたちも見に来ています。なので、静かにゆっくりと蛍を鑑賞したいと言う方は午前0時がオススメです。

 

哲学の道沿いに3年間住んでいて、毎日歩いていた経験から言うと、確かにたくさん見れる時とそうでないときがありました。

スポンサーリンク

哲学の道沿いに多く生息するゲンジボタルは、日没1時間後くらいから光始めます。京都の5月下旬の日の入りはだいたい午後7時ごろです。

2017年の日の入り予想

5月20日:18:57

6月10日:19:11

 

・・・ということなので、午後8時以降に行くと蛍を見ることができます。

蛍狩りをするときの服装

京都は盆地なので夜は冷えるのでは?

と思うかもしれませんが、6月中旬となれば気温は20度以上はあります。夜間でも20度近くはあります。

なので寒さを心配する必要はありません。上は半袖+Yシャツでジーンズという恰好でOK。

ただ、にわか雨が多いのが心配です。梅雨は開けていますが、私が住んでいた時はよくにわか雨が降っていました。

晴れていても折り畳み傘が一本あると安心ですね。

あと、靴にも注意が必要です。哲学の道は舗装されていない砂利道と、石畳のような道があります。

女性の方はハイヒールとかパンプスだとちょっと厳しいかも。サンダルもできれば避けたいです。

やっぱりスニーカーとか歩きやすい方がいいですよ。特に雨が降った後だとぬかるんでいたりしますからね。

 

蛍が良く見れる条件は?

5月下旬から6月中旬が蛍が見れる期間ですが、残念ながら毎日見れるわけではありません。蛍がよく見れる条件があるので、そういう日を選んでいくといいと思います。

蛍がよくみれる日は、風がなく蒸し暑い日。曇っていて月明かりがないと、さらにきれいに見えます。

なんでよりにもよってそんな過ごしにくい日に・・・と思いませんか?笑

なぜそういった日を選ぶかと言うと、蛍が光るのは交尾の相手を探すから。風があると風に流されてしまうので、蛍にとっては都合が悪いのかもしれませんね。

風が強い月明りが強くて自分の光が見えなかったり、風が強くて飛びづらい日は草の陰に隠れて体力を温存しているわけです。

蛍を見たかったら、蛍の気持ちになることも大切なようです。

哲学の道で見れるホタルは2種類

先ほど、ゲンジボタルについて紹介しましたが、ゲンジボタル以外にもヘイケボタルも鑑賞できます。

蛍の名前の由来が”源氏”と”平家”なんて、いかにも日本人らしくていいですよね。鑑賞するときもせっかくだから見分けてながら楽しむのも風流です。

ところで、なぜ蛍に源氏と平家という名前がついているのでしょうか?

理由は諸説ありますが、源平合戦で負けた平家を大きさも光の強さも弱いヘイケボタル。大きくて光の強い方を勝った源氏にちなんでゲンジボタルと言ったんだとか・・・

光の強さだけでなく、飛び方にも違いがあります。

ゲンジボタルは曲線的で、ヘイケボタルは直線的に飛びます。

光の強さや動きを見ながら、

「あれはゲンジボタルかぁ」

「今度はヘイケボタルが飛んでる・・・」

なんて違いを楽しむのもありですね。

哲学の道へのアクセス方法

最後に哲学の道へアクセス方法をご紹介します。

京都駅からアクセスする場合は、市バス100統に乗って銀閣寺で下ります。京都駅からは約40分ほど。

電車でのアクセスも可能ですが、最寄り駅から哲学の道までの距離が遠いのでオススメはできません。

詳しいアクセス方法については、↓をご覧ください。

哲学の道へのアクセス京都駅からはバスがいいよ電車と車はオススメできない…

まとめ

いかがでしたか?

哲学の道の蛍の鑑賞時期や時間帯についてご紹介しました。最後にもう一度まとめておくので、2017年、哲学の道の蛍を鑑賞する時の参考にして頂ければ幸いです。

哲学の道の蛍まとめ

期間:5月下旬から6月中旬

時間帯:午後8時、午前0時、午前3時

条件:蒸し暑く、風が無い曇りの日

蛍の種類:ゲンジボタルとヘイケボタル

 

P.S.

3年間哲学の道の近くに住んでいたのですが、蛍の見分け方やピークの時間などあまり意識していませんでした。いざ引っ越してみると、なんてもったいないことをしたんだと後悔しています笑

今年は一番いい時を狙って蛍狩りに行きたいと思います。(行ければいいのですが・・・笑)

 

 

スポンサーリンク

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top