kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

京都祇園祭の宵山!!2016の日程は?屋台の時間もチェックしよう!!

2016年の祇園祭の宵山は7月16日と7月23日です。

3年前まで宵山は1回だけでしたが、2年前から『前祭・宵山』に加えて、『後祭・宵山』も開催します。

年々京都に来る観光客の人は増えているので、多くの人に京都の文化を知ってもらうためにも、今年も後祭りは開催するでしょう。 そこで今回は、祇園祭の宵山の日程や時間についてご紹介します。

また祇園祭のオススメスポとを定番コースと一緒にお伝えします。ぜひ参考にしてくださいね。

祇園祭の宵山は2回あるけど屋台は前祭だけ!!

f15df28726ba855793fd35f71a2dccd2_s 祇園祭の宵山は2回あります。1つは前祭の宵山、もう一つは後祭の宵山です。

スポンサーリンク

ちなみに前祭りと書いて、さきまつりと読みます。

そもそも宵山とは山鉾巡行の前日のことを言います。そして山鉾巡行は前祭、後祭の日に行われます。 なので、山鉾巡行が開催される前祭(17日)と後祭(24日)の前日(16日と23日)が宵山にあたります。

ちなみに祇園祭期間中の宵山はちょうど中間にあたります。こちらが祇園祭の日程です。

祇園祭 7月1日から31日
 切符入 7月1日から5日 
 くじ取り式 7月2日 
 太平の舞 7月5日 
 綾傘鉾稚児社参 7月7日
 綾傘鉾稚児社参 7月10日から14日
 お迎え提灯 7月10日
 神輿洗 7月10日
 前祭鉾曳き初め 7月12日から14日
 稚児社参 7月13日
 久世駒形稚児社参 7月13日
 前祭屏風祭 7月14日から16日
 前祭宵山 7月14日から16日
 伝統芸能奉納 7月15日
 いけばな展 7月15日から17日
 献茶祭 7月16日
石見神楽の奉納 7月16日
前祭日和神楽 7月16日
前祭山鉾巡行 7月17日
神幸祭 神輿渡御 7月17日
後祭宵山 7月21日~23日
 煎茶献茶祭 7月23日
琵琶の奉納 7月23日
後祭山鉾巡行 7月24日
 花傘巡行 7月24日
 還幸祭 7月24日
 狂言奉納 7月25日
 神輿洗 7月28日
 神事済奉告祭 7月29日
 疫神社夏越祭 7月31日

詳しい情報は↓をどうぞ^^

参考:祇園祭の日程2016!!宵山や山鉾巡行、花笠巡行はいつ⁉

さて、祇園祭というと山鉾鑑賞をしながら屋台のおいしいものを食べ歩くことを楽しみに来る方も多いと思いますが、後祭の宵山には屋台が出ません。 歩行者天国と屋台ができるのは前祭の宵山(16日)と宵々山(15日)だけなのでご注意を!

祇園祭の宵山の日程
前祭宵山:7月16日(土)
14日(木)は宵宵々山、15日(金)は宵山 後祭宵山:7月23日(土)
21日(木)は宵宵々山、22日(金)は宵々山 屋台や歩行者天国は15、16日のみ

屋台の場所と時間は?

基本的に歩行者天国と同時に屋台も並び始めます。

歩行者天国は18時頃から始まるので屋台も18時頃に並び始めます。歩行者天国は23時までなので、屋台もその時間には無くなります。 仕事や学校帰りに祇園祭に遊びに行くという方が多いと思いますが、屋台を楽しもうと思ったら7時から8時くらいに行くのが良いかと思います。

屋台が出る場所は『室町通』と『新町通』の山鉾が並んでいる場所です。ただし四条通には出ません。他には『烏丸通』の三条通から蛸薬師通間、八坂神社周辺にも屋台は並びます。

去年行った時は、四条通の八坂神社から川端通までの間にも屋台が出ていました。ここの屋台は少し変わっていて、ちょっとしたビアガーデンや、路上パフォーマンスも行っていて、ここだけで1時間は楽しめそうでしたよ! 屋台が出現する場所と山鉾の位置は↓の通りです。 前祭屋台情報-1 おすすめのルートは八坂神社からスタートして、四条通を通って蟷螂山まで行き、引き返すルートです。烏丸通を北へ行けば歩行者天国と屋台がありますが、周辺には山鉾がないのでおすすめできません。

スポンサーリンク

それよりは四条通を歩き、気になる鉾があれば見るというのが良いと思います。

前祭・宵山では合計23基もの山鉾が路上に並びます。1つ1つに見どころがあるのでゆっくり時間をかけて見て回りたいところですが、すごい混雑のため全部は見れません。そこでいくつか絞っておくといいと思います。 特にオススメなのが、『長刀鉾』、『函谷鉾』、『蟷螂山』です。

長刀(なぎなた)鉾

鉾の上に『長刀』がついていることから名付けられた長刀鉾。

ちなみにこの長刀は疫病邪気を祓うためとされています。 山鉾の中でもっとも歴史があり、また荘厳な見た目からしばしば山鉾の代表として取り上げられます。

山鉾巡行を見たことがなくても、長刀鉾の姿はテレビや雑誌で一度は見たことがあるのではないでしょうか。 貴重な懸装品を多く所有していて、屋根上の鯱(しゃちほこ)『金箔押大金鯱』や鉾の周りを飾る龍の姿を描いた前掛け『雲龍波涛紋』は必見です。

函谷(かんこ)鉾

函谷鉾の見どころは『提灯落とし』です。提灯落としとは、お囃子のクライマックスで提灯が一気に消えて落ちることです。

言葉で聞くよりも見てみた方がわかりやすいので、提灯落としの様子を↓の動画で確認してみてください。

 

蟷螂(とうろう)山

蟷螂(とうろう)とはかまきりのことですね。

その名の通り、屋根に大きなカマキリがのっています。蟷螂山は山鉾の中で唯一『からくり仕掛け』になっていて、屋根の上に乗っているカマキリが動くんです。

車輪が回ると動く仕組みなのですが、羽を広げたり、首や鎌を動かします。 祇園祭で登場する全33基の山鉾一覧と巡行コースはこちらです。

参考:祇園祭の山鉾を一覧マップでご紹介!!あなたの『推し鉾』を見つけちゃおう

宵山を楽しむオススメポイント3つ

「祇園祭の宵山のオススメスポットはどこですか?」 という質問をよく耳にするので、祇園祭の宵山を楽しむ、3つのポイントをご紹介します。

1.八坂神社から川端通まで

b7e04abb85cdc4a97a1430df07173d9f_s

宵山というと四条通や烏丸通が注目されがちですが、八坂神社にも屋台が並んでとても賑やかになりますよ。そもそも祇園祭は八坂神社のお祭りなので、祇園祭に繰り出す前に八坂神社でお参りしていくのもいいかもしれませんよ。

八坂神社でお参りした後は、いよいよお祭りへ向かいますが、一番近い山鉾は八坂神社から2kmほど離れているので、少し時間がかかります。

山鉾があるところばでは、屋台や出囃子を楽しみながら四条通を歩きます。四条通の東大路通から川端通まで屋台が並びますが、特にオススメなのが、八坂神社から花見小路までの道です。

かき氷やフランクフルト、チョコバナナ、リンゴ雨などの屋台はもちろんのこと、色々なイベントやパフォーマンスも行われています。例えば去年行った時は、大きな紙に即興で筆絵を描いたり、三味線のミニコンサートがありましたよ。

屋台と山鉾鑑賞

烏丸通まで歩いて来たら、まず見えるのが『長刀鉾』です。

山鉾を代表する鉾で、近くで見ると迫力満点です。山鉾の上では「コンコンチキチンコンチキチン」という楽しそうな祭囃子が奏でられ、一気に祇園祭っぽくなってきます。

長刀鉾を過ぎると、『函谷鉾』、『菊水鉾』、『月鉾』と並びます。途中路地を曲がると屋台が並んでいるので、休憩を兼ねて屋台で一服するのもありですよ。 またこのあたりは大変な混雑なので、友達とはぐれないように注意したいですね。

3.屏風祭り

宵山の期間中に開催するお祭りです。各山鉾町の旧家で秘蔵の屏風や美術品を一般公開します。格子がすべて外される吉田家さんでは通りから見渡すことがでますよ。

屏風祭りについて
日程:7月14日(木)から16日(土)
   7月21日(木)から23日(土)
時間:11:00頃から(各家による)
料金:一部有料
場所:姉小路通から仏光寺通

まとめ

いかがでしたか? 2016年の祇園祭の宵山について、日程や時間、オススメのスポットを紹介しました。最後に日程と時間をまとめておくので、今年の祇園祭の参考にして頂ければ幸いです。

祇園祭の日程と時間
前祭・宵山:7月16日(土) 後祭・宵山:7月23日(土) ※屋台は7月15,16日のみで18時~23時。一部の屋台は昼間からあり。

 

スポンサーリンク

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top