kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

南禅寺の紅葉の見頃in2016!去年の見頃と合わせてご紹介!!

南禅寺の紅葉の見頃は、毎年11月中旬から下旬です。

ちなみに去年は天候が安定しなかったので、紅葉のピークというピークがなく、観光業界の方も困っていました。ただ、おおむね11月27日頃を目安に行くといいようです。

2016年の今年はどうのような紅葉を迎えるのか、今から楽しみです!! そこで今回は2016年の南禅寺の紅葉の見頃について、去年の情報を参考にしながらご紹介します!

南禅寺の紅葉in2016!見頃はいつ?

大寒波や残暑が10月まで続く・・・なんてことがない限り例年通りなので参考にしてください。

例年の見頃
時期:11月中旬から12月上旬

スポンサーリンク

ベストな日:11月27日

ベストタイム:昼以降

11nan

京都市内にある紅葉の名所は11月中旬から12月上旬に迎えます。

ベストタイムは27日と市内でも若干遅めなので、急に京都に行くことになった時は南禅寺を訪れれば紅葉を楽しむことができます。

ベストタイムは昼以降と書きましたが、真上から日の当たる水路閣がとてもきれいなのでオススメです。水路閣というのは、いつも船越さんが走っている場所ですね。走る船越さんのバックにある、アーチ状の柱が特徴のこれ↓です。^^

6e1fd9978b03aa4198914936e968f155_s

晴れた日は最高で、葉を通過してきた太陽光が水路閣に注ぎ、ゆらゆらと幻想的な情景を作り出します。

ライトアップはある?

南禅寺もライトアップを行っているようですね。

去年は天寿庵(南禅寺塔頭)で11月15日(土)~30日(日)までライトアップを行っていました。

スポンサーリンク

期間は他のお寺のライトアップに比べると短いですね。しかも時間も17:30~21:00なので、かなり短い、レアなライトアップと言えるかもしれません。

今年も楽しみですね。

 

去年の見頃を紹介

今年の見頃はまだわからないので、去年の見頃を参考までにご紹介します。

 

10/28 : 境内全体には青葉が多い

11/5: 境内全体で色づき始める

11/11 : 緑の葉も多いが、境内全体で色づき進む

11/14 : 見頃間近

11/18 : 緑の葉も多いが、境内全体で見頃を迎える

11/21 : 境内全体で散りを迎えるが、見頃継続中

11/29 : 見頃のピークが過ぎつつある

12/2 : 散りが目立つが、一部はピークを迎える

12/5 : 境内全体で散ってきた

12/10 : 境内全体で散ったが、まだピークの木もある

 

上で紹介した、去年の紅葉の様子からわかるように、去年の紅葉は少し変わった紅葉でした。紅葉のピークというピークがなく、勝手きのままに色々な木が色々な時期に紅葉を迎えました。なので、紅葉がすっかり終わって葉が落ちた木の横で、まだ紅葉してない木があったりと、、、、、

11月中に境内全体で散ってしまったあと、12月になってから紅葉を迎えた木もあったんです。しかも、遅く紅葉を迎えた木の方がむしろ発色が良くキレイだったりと^^:

あまりパットしない紅葉と言われていましたが、よく言えば緑、黄色、赤と三色もの色を楽しみながら観光することが出来ました。

2016年の今年の紅葉がどのようになるかわかりませんが、最新の情報がわかりましたらまたお伝えします。

 

南禅寺の鑑賞スポットは?オススメベスト3!

南禅寺の鑑賞スポットはズバリ、

  1. 迫力満点の山門
  2. 山門の上から見る紅葉の大パノラマ
  3. モダンな雰囲気の水路閣

それぞれ見ていきましょう!

1.迫力満点の山門

白川通りから南禅寺の境内へ入ってときにまっさきに目に留まるのが大きな山門です。

中門を潜り抜けると、左手に数段高くなった舞台があり、その上に山門がどしんと構えていて迫力満点Σ(・□・;)。 山門と山門越しに見える紅葉を写真に収めようと、たくさんの人がカメラを構えています。シャッターチャンス!!

2.山門の上から見る紅葉の大パノラマ

2fdca5a925533d0b167597d0572e1a4a_s

南禅寺の境内に入るのは無料ですし、山門を間近でみることも可能です。

ただ、紅葉のシーズンに南禅寺に来たら、ぜひ山門の上から景色を見ることをオススメします。 ここは歌舞伎の演目『楼門五三桐』で石川五右衛門が名セリフを言う場面として有名ですよね。

こちらが歌舞伎の演目で五右衛門がいうセリフです。

『絶景かな、絶景かな。

春の宵は値千両とは、小せえ、小せえ。

この五右衛門の目からは、値万両、万々両……』

演目では春ということになっていますが、紅葉シーズンにお出かけの際もぜひ、五右衛門のセリフを思い出してみてくださいね。

山門の最上階『五鳳楼』に上がるには拝観料を払う必要があります。

山門の拝観
拝観料:500円

拝観時間: 8時40分~午後5時(11月30日まで)

8時40分~午後4時半(12月1日から)

 

3.モダンな雰囲気の水路閣

そして最後が水路閣です。(と言っても他にもたくさん南禅寺にはみどころがありますが^^:)

お寺の中に突然出現するモダンな建物が水路閣です。疎水の水を流すための建物ですが、周りの景色と見事に調和しているのが不思議です。レンガ作りの水路閣と木造建築のお寺が見事に和洋折衷の雰囲気を醸し出しています。

この水路閣が出来たのが明治時代ということで、当時の日本人の美的感覚に脱帽してしまいますが、さらにその設計者が田辺朔太郎という21歳の若者だったというからさらに驚きですよね。( ;∀;)

欧米の知識や技術を取り込んで、自分のものにしてしまう当時の日本人には頭が上がりません。明治時代に思いをはせながら、水路閣を眺めると、当時の情景や作者の田辺朔太郎の心情が伝わってくるかもしれませんね。

 

実際に去年行ってみた感想

11月25日に南禅寺を訪れた時の写真です。

019f106a4d8e63869ba1b4eb572f4b2d2e5a8c7297地下鉄蹴上駅方面から来ると、この大きな門をくぐります。門をくぐり、左手に少し進むと、大きな山門が見えてきます。

01ec297847b7feef4b8eb3602079b9ca74179991d5

こちらがあの石川五右衛門が登って、歌を詠んだ天寿庵ですね。紅葉の様子は、、、、あまり良くないですね^^: 

天寿庵を超えると庭が広がっているので、こちらでも紅葉を楽しめます。むしろこちらの紅葉の方が色づきが良かったです。

0114e2be8f2044d77ed222c98ec306a52a56ca9437中には、石碑が立っていて、なぜかよくわかりませんが、外国人観光客の人が一生懸命写真に撮っていました。海外ではこういう石碑は珍しいんですかね….

01cc1fdbaa332c9d34f8c971414a593197a696347d

 

まとめ

それではまとめたいと思います。

南禅寺の紅葉の見頃は、

時期:11月中旬から12月上旬

ベストな日:11月27日

ベストタイム:昼以降 *ライトアップは天寿庵で。

オススメの鑑賞スポットは、

  1. 迫力満点の山門
  2. 山門の上から見る紅葉の大パノラマ
  3. モダンな雰囲気の水路閣 

ぜひ京都の秋を南禅寺で堪能してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。  

スポンサーリンク

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top