kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

北野天満宮紅葉ライトアップin2016!!もみじ苑を一望できる舞台が見どころ!!

北野天満宮の紅葉というと、清水寺や永観堂ほど有名ではありません。しかし、北野天満宮の紅葉ライトアップにも見どころがたくさんあります。

特に、舞台から一望できるもみじ苑の全景や、鶯橋、茶席はぜひ訪れたい場所です。

そこで今回は2016年、北野天満宮の紅葉ライトアップに行こうかと迷っている方のために、去年の感想を交えてご見どころやライトアップ情報をご紹介したいと思います。

北野天満宮の紅葉ライトアップ概要

2016年のライトアップ情報についてはまだ発表されていないので、参考に去年の情報をお伝えいたします。

北野天満宮の紅葉ライトアップ
北野天満宮 もみじ苑・境内ライトアップ

スポンサーリンク

期間:11/12(土)~12/7(水)

時間:日没~20時

入苑料:700円/大人 350円/子供

場所:京都府京都市、上京区馬喰町

連絡先:075-461-0005

詳しい日程はこちらをご覧ください。

北野天満宮公式HP:北野天満宮のみどころ

御土居と茶席は混雑しそう・・・

北野天満宮は清水寺や嵐山と比べると、比較的空いています。清水寺はピーク時は境内に入るのに30分以上もかかったりしますが、北野天満宮はほとんど待ち時間なしで入れます。

去年行った時も↓のように、受付では待たずに入苑券を買うことが出来ました。12月5日で、混雑のピークが過ぎたということもありますが、係の人に聞くと混雑時でもあまり並ばずに入ることができるようです。

さすがに11月21,22,23日の3連休は混雑したそうですが、永観堂や清水寺のように拝観券を買うのに30分以上も並ぶことはなかったそうです。

スポンサーリンク

01316f44295e333ad553eecbe52ba7dee122934304

☝混雑する6時頃にも関わらず並ばずに拝観券を買うことが出来ました。

北野天満宮というと、全国の天満宮の総本社なので、とても混雑するんじゃないかと思いましたが、意外でした^^:

間違いなく穴場の紅葉スポットです!

拝観券を買って中に入ると、撮影スポットなど要所では混雑していましたが、それ以外はスムーズに拝観することが出来ました。

参考のために、途中混雑したポイントを3つご紹介しておきますね。

北野天満宮の混雑ポイント
  1. もみじ苑の紅葉を一望できる舞台の上
  2. 鶯橋の上からの川面に映る紅葉
  3. 無料のお茶とお菓子がもらえる茶席

上の3つが北野天満宮の紅葉ライトアップでの混雑ポイントです。詳しくは見どころのところでもう一度詳しく紹介しますが、少しだけ紹介すると、

1の舞台の上と2の鶯橋では写真撮影をする人の混雑です。なので、人が多いというよりは、写真を撮る人で混雑しているという感じです。

3の茶席では無料のお茶とお菓子が貰えて、しかも落ち着いて座る席もあるので込み合っていました。席の数はかなりありましたが、歩いた後なのでゆっくりしたい人が多かったようです。

ただ、満席ではなかったので少し探せば座る場所が見つかりました。

見どころ

「たぶん混雑しているだろうな」と思いこんでいたので、4年間京都に住んでいながら一度も北野天満宮の紅葉ライトアップに行ったことがありませんでした。

そこまで混雑していないと知っていればもっと早く行ったのに・・・・

と少し後悔しましたが、実際に行って紅葉ライトアップの光景を見て、さらに後悔しました。

雑誌にも取り上げられるくらい人気なんだから、もっと早く行っておけばよかった

・・・と。

まああまり後悔しすぎるのは自虐的になるので、気を取り直して北野天満宮の紅葉ライトアップの見どころを紹介したいと思います!!

1.もみじ苑の紅葉を一望できる舞台の上

010d3f0046538498d5a85c613527fcdf4feffe1a6c

スポンサーリンク

北野天満宮の紅葉ライトアップは”御土居のもみじ苑”とも呼ばれる庭で行われます。御土居というのは、豊臣秀吉が京都の洛外と洛中を区切るために作った土の壁のことですよね。

秀吉というと大阪のイメージですが、京都でも御土居や町の区画の整備など、京都の街の色々なインフラを整えています。

御土居はもみじ苑を流れる紙屋川に沿って作られていて、最初は御土居の上を歩きながら下に流れる紙屋川や紅葉を楽しめます。

御土居には川に張り出すように朱塗りの舞台が設置されていて、舞台から眺める川や橋、ライトアップされた紅葉がとてもきれいです。

2.鶯橋の上からの川面に映る紅葉

013f88191de41a36cc7f29ec4a6cdcd228960f0b19

苑内のルートは川に沿って行って帰るルートです。最初は御土居の上を歩きますが、折り返し地点で、階段を下りて、川に沿った道を歩きます。

なので、最初に御土居の上から眺めた道を、帰りは歩くことができます。上から地上からも紅葉を楽しむことができるわけですね^^

帰りの道も見どころがたくさんありますが、その中でもおすすめは鶯橋からの光景です。鶯橋の上から、下を流れる紙屋川や水面に映る紅葉を楽しむことができます。写真を撮っている人が数名いたので、橋の上から写真を撮るには少しだけ待つ必要があります。

3.無料のお茶とお菓子がもらえる茶席

01ea1c2ed0e6b573cada02fa1ce85c81157429fdca

苑内を周って、最後に御土居に上がる階段を上ると、茶席が見えてきます。8人くらい座れる席が20くらい用意されていて、席の真ん中にお茶の入ったポットとコップが用意されていました。

茶席の入り口で、拝観券を見せるとお菓子を貰えます。

0161d41adf4ec7c5595421ea292b907854873980c3

お菓子は京都の老舗和菓子屋”老松”の冬限定和菓子”北野大茶湯”でした。

019f878152b79a677a50e852502d8e784868f1a67e

どら焼きっぽいですが、形は三日月形で、どら焼きよりももちっとした皮に白餡が入っていてとてもおいしいかったです。今年の紅葉シーズンは北野天満宮の茶席で、あったかいお茶と大茶湯を堪能してみてはいかがでしょうか。

まとめ

2016年、北野天満宮の紅葉ライトアップに行こうか悩んでいる方のために、ライトアップ情報や感想を伝えしました。

参考にしたいただければうれしいです。

 

北野天満宮の紅葉ライトアップ
混雑:茶席と舞台の上は混雑する
備考:受付はあまり混雑しない

見どころは、

  1. もみじ苑の紅葉を一望できる舞台の上
  2. 鶯橋の上からの川面に映る紅葉
  3. 無料のお茶とお菓子がもらえる茶席

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

「参考になったよー」という場合は、↓のSNSボタンで教えて頂けると嬉しいです!

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top