kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

東寺の紅葉in2016見ごろは?菩薩と如来の違いを知って楽しもう

東寺の紅葉in2016見ごろは?菩薩と如来の違いを知って楽しもう

東寺の紅葉の見ごろは例年11月25日前後です。ただ、年によって見ごろ時期は変化します。ちなみに去年は気温が暖かったせいで、紅葉の時期が遅れ、12月に入ってから見頃を迎える場所もあったそうです。

2016年の今年の紅葉の予想や情報についてはまだ発表されていませんが、東寺を訪れる際は、事前に確認しておくことをオススメします。

そこで今回は、去年の紅葉状況やライトアップ情報など合わせて、東寺の紅葉について書いてきたいと思います。

東寺の紅葉の見ごろは?

afd211a326857c504c4e59b67633c70d_s

東寺の紅葉の見ごろは11月25日前後です。今年は25日は金曜日なので、金曜日に休みをとって3連休にする方も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

さらに、23日が勤労感謝の日でお休みなので、24日も休みをとって5連休で京都を訪れる人もいるかもしれませんね。

ということで、今年も混雑が予想されますが、境内はとても広く清水寺のように階段がないので、比較的ゆっくり落ち着いて回れます。

東寺の紅葉
見ごろ:11月25日

拝観時間:午前8時30分~午後4時30分
(受付終了は午後4時)
紅葉ライトアップ:2016年10月28日(金)~12月4日(日)
ライトアップ時間:午後6時30分~午後9時半(受付は9時まで)

拝観料:500円/大人、400円/高校生、300円/中学生以下

スポンサードリンク

去年の見ごろをご紹介

PC120060

 

例年25日前後が紅葉の見ごろだと言われていますが、年によっては差があります。特に夏から秋にかけての気温が暖かかった去年は、紅葉の時期が大きくずれました。

11月後半になっても、色づきが悪い木があったかと思えば、12月に入った途端に一気に紅葉を迎えた木もあったりと・・・・

なので、京都へ紅葉狩りへ行く際は、事前に紅葉予想や紅葉情報をチェックすることをオススメします。

今年の紅葉の予想はまだ発表されていないので、参考までに去年の紅葉状況をご紹介します。

10/29 : 境内全体に色づき

11/4-9 : 瓢箪池の周りは色づきが進むが、五重塔付近は青葉が多い

11/14 : 色づきが進むも見ごろはまだ先

11/19 : 境内の一部では見頃、一部では落葉

11/21 : 紅葉の進行が停滞

11/25 : 瓢箪池の周りは見ごろ

12/2 : 境内全体でもみじの色づきが深まる

12/6 : 見ごろ継続中

12/8 : 見ごろ継続中

このように、去年の紅葉は大分遅かったことがわかります。11月終わりを迎えてもなかなか見ごろ迎えませんでした。11月中に紅葉した木は発色がよくなかったのが特徴です。

一方で、遅く紅葉した木はとても発色が良く、12月に入ってから見に行った人が一番の見頃の紅葉を見れたのではないでしょうか^^:

東寺の見どころは?

東寺と言えば五重塔が有名ですよね。昔から京都のランドマーク的存在でした。五重塔を建設したのはあの有名な空海です。

ただ、火災の多かった京都では、五重塔も何度も焼失し、今の五重塔は1664年、徳川家光が建立したものです。

火災にあってもすぐに復元できるのは、木造建築ならではですよね。

ちなみに五重塔の内部ってどうなっているかご存知ですか?

内部は、五重塔初層内陣といって国宝にしていされています。心柱を大日如来に見立てて、周囲を如来と菩薩が取り囲んでいます。

そもそも如来と菩薩って何が違うの??

42dcfb77f2af478b34645f9183dcd0ed_s

ここで少し脱線してしまいますが、如来と菩薩の違いをさらーっとご紹介したいと思います。東寺に限らず、お寺をめぐる上で菩薩と如来の違いを理解することは避けて通れません。

・・・・と言ってもそこまで難しい説明ではないので、気楽に聞いてくださいね。

菩薩と如来の違いですが、まずわかりやすい見た目の違いから。よくお寺に行くとパンチパーマみたいな頭の像がありますよね。

あの頭をされた方が如来です。

一方、菩薩の場合は、髪の毛は普通です。だいたい、帽子のような冠をかぶっていたり、時には豪華の服装だったりします。

では、なぜ如来と菩薩で見た目が違うのでしょうか。それが2つ目の理由で、位が違うからです。如来は悟りを開いた人で、菩薩は悟りを開こうとしている人です。

「え!?じゃあ私も悟りを志せば菩薩になれるの?」

と思ったそこのあなた! 残念ながらそういうわけではないようです。

というのも、菩薩もすでに悟りを達して如来になる資格がある人で、現生に留まっているのは、人々を救済するためです。なので、私のような俗にまみれた人間が、明日から悟りを志すからと言って菩薩になれるかというとそうではありません。^^:

すでに如来になれるのに、わざわざ現生に留まっていることがありがたい存在で、信仰の対象になるわけですね。

ライトアップもある!!

19d4abf31803efd21d1bcb5841d301ba_s

東寺はライトアップも行っています。ライトアップでは、境内全体が明かりに照らされて、昼間とはまた違う景色になります。

特に、瓢箪池や五重塔のライトアップはとてもきれいです。また、ライトアップ期間中は如来像がおさめられている、金堂や講堂も拝観することができ、静かでひっそりとした神秘的な印象を受けました。

去年のライトアップの感想を↓で紹介しているので、よかったらぜひ参考にしてみてくださいね。

東寺のライトアップin2015の感想と混雑状況です!【速報】

まとめ

いかがでしたか? 

東寺の紅葉の見ごろについて、去年の紅葉の様子やライトアップ情報も含めてご紹介しました。

2016年の今年も東寺の紅葉は人気スポットになりそうなので、旅行の計画は早めに立てておくといいかもしれませんね。

それでは最後にもう一度まとめておきます。

東寺の紅葉
見ごろ:11月25日

拝観時間:午前8時30分~午後4時30分
(受付終了は午後4時)

拝観料:500円/大人、400円/高校生、300円/中学生以下

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top