kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

OB訪問の準備!!OB訪問に行ってきたのでまとめておく

OB訪問の準備!!OB訪問に行ってきたのでまとめておく

初めてOB訪問をすることになったので、OB訪問のために準備しておくことや事前に調べておくことをまとめてみました。

1.服装

OB訪問をするときの服装は、基本的にリクルートスーツだそうです。OBの方が私服で来てくださいと行った場合は別ですが、会社の方にお会いするわけですからリクルートスーツがマナーというわけですね。

合同会社説明会に行くときのようなリクルートスーツを着ていけばいいので服装に関しては特に問題はなさそうです。ただ、合同説明会といっても人それぞれで、たまにすごい恰好をしている人も見ます。笑

僕自身、しっかりした格好をできているかわかりませんが、合同説明会で「その恰好はだめだろ・・・」と思った格好を挙げていきたいと思います。もし当てはまる項目があったら気を付けてみてくださいね。(自分自身の自戒も込めてます笑)

スーツの皴(しわ)やサイズ感

説明会などたくさん参加しているうちに、スーツにしわがよってくたくたになっていきます。ユニ〇ロのクラックスやチノパンみたいになる前にスーツにもアイロンをかけたりクリーニングへ出すことも必要でしょう。

Sponcered Links

また、スーツのポケットにお財布やスマホを入れてパンパンになっている人もたまに見かけます。細見のスーツなのに、ポケットを膨らませていると恰好があまりよくありません。企業側に良い印象は与えないでしょう。加えて、スーツの形も悪くなるので、ポケットにものを入れるのはあまり良くありません。

清潔感ってなんだよ・・・

就活サイトでは定番の文句、清潔感。就活を始めたときはこの言葉に悩まされました笑。ネクタイの結び方とか、エントリシートの書き方みたいに具体的な言葉じゃなくて、清潔感ってなんだか抽象的ですよね。

清潔感を意識しましょう!!

と言われても、「具体的には何をするの??」と最初のうちは疑問でしたが、実際に説明会に参加していくうちにわかりました。就活での清潔感は以下の5つです。

  1. 寝癖はNG、髪型を整える
  2. Yシャツの黄ばみ
  3. 肩のフケ
  4. 髭のそり残し(首は意外とそり残す人が多い)
  5. 爪の長さや汚れ

どれか1つでも当てはまると、なんとなく不潔な印象になってしまいます。気になる人は、就活中は朝シャンを心がけると良いかと思います。

2.持ち物

OB訪問をするときの持ち物は、5つです。

筆記用具
OBの方から聞いた話をメモします。消しカスが出るため消しゴムを使うのは避けた方が良いです。なのでシャーペンや鉛筆よりも、ボールペンまたは消せ津ボールペンを使うべきでしょう。

スケジュール帳・メモ帳
先輩とお話しているときに、会社の説明会の連絡や今度のスケジュールを聞かれることもあるでしょう。スケジュール帳は携帯しておいた方がよいです。先輩の話をメモするためのメモ帳も必須ですが、スケジュール帳の余白、またはスケジュール帳にルーズリーフを挟んでおいて、そこにメモしていけばいいでしょう。

質問項目
先輩に対する質問項目をメモしておいて、当日はメモを見ながら質問するといいでしょう。質問は最低でも10個は用意しておきたいです。

書きかけのエントリーシート
もし書きかけのエントリーシートがあれば、持っていくといいです。先輩からエントリシートについて聞かれたら、すかさず出して見てもらいましょう。実際に働いている人に見てもらったエントリーシートほど心強いものはありませんよね。

Sponcered Links

採用HPのコピーや業界地図
採用HPのコピーや業界地図を持って行き、それをもとに質問を進めるのもいいでしょう。話すきっかけも作れて一石二鳥です。

3.質問すること

せっかく1対1で先輩社員と話すことができるので、できるだけたくさん質問したいですね。でも、初めての場合は何を質問すればいいかわからない、、、、なんてこともあります。

ということで、OKな質問とNGな質問を調べたので参考にしてみてくださいね。

OKな質問

会社説明会やセミナーがあるのに、わざわざOB訪問をする一番の目的は、

現場で働いている人の声をじっくり聞ける

HPに載っていない情報を手に入れることも目的ですが、それは会社説明会でも十分です。そうではなく、わざわざOB訪問をするわけですから、それ以上の情報を手に入れてライバルに差をつけたいですよね。

そのためにも、なるべく質問はしておいた方がいいでしょう。OB訪問で聞いておきたい質問はご覧のとおりです。大きく3つの軸に分けられます。

  • 仕事を知るための質問
  • 会社の理念や考え方を深く知るための質問
  • 志望動機や面接対策のための質問

仕事を知るための質問

会社に入る前に、≪自分が会社で働く姿をイメージ≫することが大切だと言われています。入社前にある程度仕事を知ってもらって、学生と企業のミスマッチを防ぐためです。

Sponcered Links

質問の例として、

仕事をする上でやりがいを感じるときはどんなときですか?
仕事で悩んでいることや改善したいことはありますか?
1日の業務内容や流れを教えてください。
仕事をする上で大切なことは何ですか?

などが挙げられます。

会社の雰囲気を知るための質問

仕事をする上で大切なことに、コミュニケーション能力を上げている企業は多いです。ビジネスも結局は人と人との信頼関係の上で成り立っているからです。

どんな人とも分け隔てなく、コミュニケーションできる人は素晴らしいですが、そんな人ばかりではないですよね。合う合わないがどうしてもあると思います。せっかく希望通りの会社に入社しても、会社の雰囲気や周囲の人と合わなかったから辞めるなんてことがないように、会社の雰囲気を知ることも大切だと思います。

社内の空気や雰囲気などはどのように感じていますか?
どのような人材を部下に欲しいですか?
勤務時間外に、同僚のみなさんと交流することはありますか?
御社の第一線で活躍している人はどんな方ですか?

ESや面接対策のための質問

「自分がその会社で働く姿をイメージできた!」
「会社の雰囲気も自分にピッタリ」

だとしても、ESや面接で通過しなければ、採用されません。万全の準備をするためにも、OB訪問で、ESや面接対策のヒントをもらっておきたいですよね。

質問としては、

どうしてその業界、会社を選んだのですか?
どうしてその職種を選んだのでしょうか?
業界研究はどのよう点を意識して行っていましたか?

が挙げられます。先輩社員の業界や会社、職種の志望動機は、自分がESや面接で話すときの参考になります。業界研究の方法は人それぞれだと思いますが、先輩社員の業界研究のやり方を知っておくことは、これから就活を進めるためにも大切な情報になるかと思います。

3.事前に調べること

OB訪問は合同説明会や会社説明会よりも濃い情報を手に入れることができます。1対1で現場で働いている社員の方からお話を聞けるわけですから、とても貴重な経験だと思います。

その貴重な時間を、HPに書いてあることやネットで調べればわかることを聞いてしまってはもったいないです。何よりせっかく時間をとってくれた先輩社員の方に申し訳ないですよね。

なので、予め調べられることは調べてから望みます。具体的には、、、

<企業理念>
できれば覚えておく

<事業の方針>
事業内容とさらっと確認

<事業内容>
すべての事業内容を調べることはできないので、興味のあるものを1つ絞る。その代り、ネットを駆使して徹底的に調べる。

と言った感じです。よくネットで調べると「OB訪問で聞きたい10のこと」といったマニュアルがありますが、あまり役に立たないと思います。私も最初にそういった質問をメモしてOB訪問をしましたが、微妙でした。マニュアルによく出る質問として、

  1. 仕事をしていてどんなところにやりがいを感じますか?
  2. 仕事をしていて悩みなどはありますか?
  3. 1日のスケジュールを教えてください
  4. 仕事をする上で大切なことは何ですか?
  5. 第一線で活躍されている人はどんな人ですか?
  6. 御社を選んだ志望動機を教えてください
  7. 就職活動での軸を教えてください

といったものです。なぜ微妙かというと、☝のようなありふれた質問は、自己紹介の時に教えてくれるからです。なので、質問することはありませんでした。

やはり、OB訪問をするときは、しっかりと会社の業務を調べて感じた疑問をしたほうがいいです。

4.マナー&気を付けること

まだ社会に出たことのない就活生なので、完璧なビジネスマナーは求められません。始めの頃はビジネスマナー本を読んで勉強していましたが、説明会が終わる度に自分の至らなさや失礼な言動を後で後悔して嫌な気持ちになっていました。さらにその嫌な気持ちを引きずってしまうと、今度は説明会での話に集中できない。そんな悪循環に陥ったこともあります。

これまでに30社以上の説明会に参加してきましたが、ビジネスマナーや敬語に気を取られるよりも、誠意をもってコミュニケーションを取ろうとする方が好意的だと思いました。

なので、忙しいところわざわざ自分のために時間を割いて貰っているという気持ちを持ちながら、自分が興味を持ったことを自由に質問すれば悪い印象は持たれないでしょう。

まとめ

ぜひOB訪問の際の参考にして頂いたればと思います。OB訪問の1週間前にはしっかり調べておくことは調べておいた方がいいと、改めて痛感しました。

 

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top