kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

清水寺への【電車】でのアクセス!!清水五条駅からのルートをご紹介

清水寺へ電車でアクセスする場合は、最寄り駅は京阪の清水五条駅です。今回は、清水五条駅からの序用時間やルートをご紹介したいと思います。

清水五条駅からの所要時間

清水五条駅から清水寺までは徒歩22分。1.7kmです。

最寄りのバス停に比べて10分ほど時間がかかります。清水寺へ行く前にどこを観光するかにもよりますが、あえて電車を使う必要はないです。

伏見稲荷大社や東福寺、三十三間堂といった京阪沿線の観光地に行ってから、清水寺を観光するなら京阪を使うと便利です。その他の場合は京阪ではなく、バスを使うと言いかと思います。

スポンサーリンク

特に四条や三条で観光してから清水寺へ行くときは、バスか徒歩がお勧めです。

清水五条からのルート

それでは、実際に清水五条からのルートをご紹介します。

清水五条駅の改札は一つしかありません。

IMG_1966

改札を出て右手、エスカレーターがある方の4番出口を使うと階段を上らなくて済みます。

IMG_1965

エスカレーターを上り地上に出ます。

IMG_1963

地上に出ると、大通りに出ます。サブウェイを左手に見つつ、そのまま直進します。この先あまりお店はないですし、値段が張るお店も多いので、サブウェイで腹ごしらえするのもありですよ。

IMG_1961

スポンサーリンク

ラーメン屋さんでもいいかもしれません。そのままずっと直進すると、東大路通にぶつかります。誘導員の人が立っているので指示に従って横断歩道を渡ります。

IMG_1957

少し面倒ですが、奥にある五条坂は歩道が狭くて右側の歩道しか歩けません。なので、一度渡って、また横断歩道を渡ります。無理やり左側を歩いて行こうとすると誘導員の人に注意されるので、気を付けてくださいね。

IMG_1954

右側の歩道も十分に狭いですね^^: 反対側から歩いてくる人と肩がぶつからないように注意して、しばらく歩きます。

IMG_1953

アイスクリーム専門店で糖分を補給するのもいいかもしれません。

IMG_1951

しばらく歩くと分かれ道に出ます。左へ行くと清水坂を通り、右側は茶碗坂といって近道です。左側の方がお土産屋さんなどがたくさんありますが、近道を選ぶ人の方が圧倒的に多かったです。

スポンサーリンク

ということで、右から行きましょう。

IMG_1941

人力車がぽつんと置いてありました笑。清水寺から帰る人用ですね。

たまにあるお土産屋さんやよくわからないストラップを売っているお店を横目に見つつ、しばらく歩くと、

IMG_1942

赤色の塔が見えてきます。三重の塔ですね。

IMG_1944

最後は階段を上ることになりますが、横手にスロープがあるので、階段はちょっと・・・という場合は右手から向かいます。

IMG_1945

階段を上るとお茶席があるので、一服してもいいかもしれません^^

IMG_1946

50 mほど歩くと、清水寺に到着です!

京阪以外の駅は??

京都を走る電車は京阪以外にもあります。京阪の他に、阪急、地下鉄、JR、それから嵐電があります。

「京阪の他にも4つも電車があるんだから、他にも電車の最寄り駅があるのでは・・・?」

と思うかもしれません。しかし、清水寺のように世界遺産に指定されている場所でさえ電車の最寄り駅は京阪だけです。

京阪の次に近い最寄り駅が阪急の【河原町駅】ですが、河原町駅から清水寺までは徒歩で30分近くかかります。

地下鉄だと最寄り駅は【烏丸駅】ですが、烏丸駅からも清水寺へは40分近くかかります。

地下鉄【烏丸駅】も阪急【河原町駅】も、祇園界隈の繁華街を通ります。実際歩いてみると楽しいので、歩く時間は短く感じると思います。ただ、最寄り駅というには少し遠すぎるので、今回はルートを紹介しません。

また、JRだと京都駅が最寄り駅になります。京都駅からだと徒歩で40分近くかかり、最寄り駅というにはやはり少し遠すぎるでしょう。

ただ、京都駅からの徒歩のルートも、途中に高瀬川や鴨川といった観光名所があるので、思っているより時間はかかりません。

京都駅からの徒歩ルートはこちらを参考にしてください。

清水寺へのアクセス!!京都駅から【徒歩】で行くなら鴨川を満喫♪

まとめ

いかがでしたか?

清水寺へ電車で行く場合はぜひ参考にしてみてください。

清水寺へ電車でのアクセス
  • 最寄り駅は京阪【清水五条】
  • 所要時間は22分
  • 距離は1.7km

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top