kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

時代祭【2016】交通規制はいつからいつまで⁉

時代祭【2016】交通規制はいつからいつまで⁉

葵祭、祇園祭と並んで、京都三大祭の一つに数えられている時代祭。延暦寺代から明治時代までの衣装を来た行列が、全行程4.5kmのコースを歩きます。

スタートは京都御所でゴールは平安神宮です。きょうとの中心を行列が通過するということで、当日はかなりの混雑が予想されます。同時に交通規制も敷かれるので、時代祭の日に京都観光をする場合は、交通規制を意識しておくといいかもしれません。

当日の進行と交通規制

時代祭は2016年10月22日に行われます。まずは当日の流れから確認します。京都御所を昼の12時に出発し、平安神宮に14時半に到着します。行列の流れは↓の通りです。

場所 時刻
京都御苑 12:00(出発)
烏丸丸太町 12:28(通過)
烏丸御池 12:52(通過)
河原町御池 13:20(通過)
京阪三条 13:38(通過)
三条神宮道 14:12(通過)
平安神宮 14:30(到着)

京都御苑から平安神宮までの4.5kmを、色々な時代の行列がそれぞれの時代の衣装を着て通ります。12時から14時半のたった2時間半か・・・と思うかもしれませんが、☝の通過時刻は先頭の行列です。行列は延暦寺代から明治時代までで、行列だけで2kmも続きます。

なので、行列の最後尾が到着する時刻は、+1時間半から2時間くらいは見積もっておいた方がよさそうです。

スポンサードリンク

交通規制ですが、基本的には行列の通過コースは「車両通行止め」になります。(当日の交通規制を地図で確認する

もともと、時代祭の行列が通過する道は、京都市内でも最も混雑する道です。普段から使っている人にとって、最も困るのは『河原町通』と『御池通』の車両通行止めです。河原町通りは南北の大通りで、御池通は東西の大通りです。

また上の地図で表示している時刻は、あくまでも先頭の通過時刻です。行列が通過する30分前くらいには交通規制が開始されます。さらに行列の最後尾が通過するまでに2時間くらいかかり、行列が通過してもすぐには交通規制は解除されません。

なので、当日は自家用車で行列コースを運転することはおすすめできません。

また、時代祭当日、京都ではもう一つ大きなお祭りがあります。鞍馬天狗で有名な鞍馬で行われる火祭りです。祭り期間中の22日午後3時~23日午前1時に、府道京都広河原美山線(鞍馬街道)の貴船口ーくらま温泉入口間の約2キロが車両通行止めになります。

スポンサードリンク

ただでさえ、時代祭で交通規制があるのに鞍馬でもお祭りがあるので、当日は車での外出は控えた方がよさそうですね。

バスの運行状況は?

当日は時代祭と鞍馬の火祭のダブル祭りがあるので、車での観光は厳しいということがわかりましたが、ではバスはどうでしょうか。

結論から言うと、バスは運行します。ただし、交通規制中はいつもとは違うルートになるので、注意した方がよさそうです。

今年の運行情報はまだ発表されていないのでまだわかりませんが、行列をう回するバスが多いようです。

バスやタクシーでの観光は特に影響なし

当日の運行情報については、時代祭が近くなるとこちらで確認できます。京都観光はバスを利用す場合が多いので、時代祭のように交通規制がかかるとかなり不便ですよね。

しかも、三条四条近辺なのでなおさらです。ただ、ルートはいつもと変わりますが、運休するわけではないので、必要以上に心配することはありません。

まず、四条・祇園から清水寺界隈を観光する場合はバスを使わずに歩くか、地下鉄を使うと良いかと思います。京都は歩く街とうたっているので、歩いて見て回ると、ガイドブックにはない見どころがたくさんあります。

また、地下鉄は烏丸通と御池通を走っているので、交通規制関係なし移動することができます。地下鉄には、京都市役所前や烏丸御池、烏丸今出川、東山駅など、行列のコースとほぼ同じ道を通るので、地下鉄で行列を追いかけてもいいかもしれません。

地下鉄を使うときに便利なのが、京都観光一日乗車券です。市バス全線、地下鉄全線、京都バス(一部)が乗り放題になり、一枚1200円です。

タクシーについては毎年のことなので、馴れていると思います。

 

交通規制の影響がある観光地とない観光地

時代祭当日と京都観光がたまたま被ってしまった方も多いかと思います。時代祭ではなく、京都観光が目的という場合です。

一見、広い範囲で交通規制がかかっていますが、実際に交通規制の影響が出る観光地は少ないです。京都駅からのアクセスでいえば、ほとんどの観光地へ問題なくアクセスできます。

例えば嵐山の場合は、JRでのアクセスが最短なので時代祭の交通規制の影響をうけません。市バスでアクセスする場合は、市バス28系統を使います。28系統は時代祭のコースを通らないのでバスでのアクセスも問題ありません。

また、金閣寺でアクセスする場合もバスで大丈夫です。京都駅から金閣寺へは市バス101系統に乗りますが、101系統も時代祭のコースを通らないので問題ありません。

注意が必要な観光地は、時代祭の中心になる京都御所や平安神宮と銀閣寺や南禅寺、永観堂周辺でしょう。まず、京都御所へは京都駅からアクセスする場合は、地下鉄を利用する方が良いかと思います。

地下鉄で4駅で、御所の最寄りの烏丸丸太町で下ります。平安神宮へは、地下鉄で烏丸御池まで行き、地下鉄の東西線に乗り換えて最寄りの東山駅で下ります。東山の1つ先の蹴上で下りれば、南禅寺や永観堂へアクセスできます。

おわり

2000名以上の大行列ということで、当日は厳しい交通規制が敷かれます。時代祭当日、京都観光をされる場合は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top