kyofu

京都観光を中心に気になったことを書きます

韻を踏むのはラップの歌詞だけ?韻を踏まないラップもあった!

韻を踏むのはラップの歌詞だけ?韻を踏まないラップもあった!

韻を踏むというとラップ、ラップといえば韻を踏む。そんなイメージがありませんか?

Wikipediaでラップを調べても、「韻を踏みながら、あまりメロディを付けずにリズミカルにしゃべるように歌う方法」と書いてありました。

ではラップを歌うためには、必ず韻を踏まないといけないのでしょうか??

今回はラップと韻を踏むことについて調べました。

韻を踏むのはなぜ?ラップのルーツを考える

そもそもなぜラップやヒップホップでは韻を踏むのでしょうか??

スポンサードリンク

もしも韻を踏んでないかったら、ラップやヒップホップとは言わないのでしょうか??

日本語のラップの多くは韻を踏むことがよくあるので、「ラップ=韻を踏む」というイメージがありますよね。

でも実は、必ずしもラップ=韻を踏むではないんです。日本最初期のラッパーであるいとうせいこうさんは、日本語では韻を踏むのはカッコ悪いと考えていました。

いかがですか??

スポンサードリンク

今のラップから考えると、ちょっとイメージが違いますよね。いとうせいこうさんのように、できるだけ韻を踏まないラップを作っていた人もいます。

しかし、ルーツであるアメリカのラップが韻を踏んでいてそれが日本にも伝わった経緯もあり、韻を踏むのがメジャーになっていきます。

日本語で韻を踏むのはカッコ悪いなんて、今では韻を踏むのが当たり前なので考えられないですよね。

でも・・・

もしもまだ日本にラップが定着していないときにラップを知ったら、いとうせいこうさんみたいに考えるのはわかる気がします。

なんでもアメリカの真似をしたらいいってもんじゃない!!

そんな気持ちがあったのでしょう。

ではなぜ、結局日本語のラップも韻を踏むようになったのでしょうか?

それはきっと、アメリカ人や日本人とか関係なく、韻を踏むことが心地よかったからだと思います。

韻を踏むというとラップというイメージが定着していますが、実はラップ以外でもロック、ホップス、フォークでも韻を踏んでいます。

Jpopで私が韻を踏むのが上手いなあと思うのは、ミスチルです。歌詞のところどころで韻を踏んでいます。たまに無茶な踏み方もしますが^^:

ミスチルの韻を踏んでいる歌詞を少し紹介すると・・・

【タガタメ】

ただただ抱き合って
肩叩き抱き合って
誰がため戦って

【シーソーゲーム】

順番を待ってたんじゃつらい
照準を絞ってステップアップしたい

【しるし】

ダーリンダーリン
泣いたり

【名もなき詩】

oh darlin
ノータリン
悩んだり
わだかまり
夢物語

いかがですか? これ以外にもミスチルの歌詞の中には韻を踏んでいる箇所がたくさんありますね。

では、ミスチルも多用する”韻を踏む”ことのメリットとは何なのでしょうか?

韻を踏むメリット

韻を踏むことのメリットは3つです。

  • 詩に心地よいリズムや響きが生まれる
  • 言葉が持つ響きが強調される
  • メッセージが伝わりやすくなる

詩の世界の表現方法に『押韻』という表現があります。押韻と書いて「おういん」と読みます。

単純に韻を踏むことで、ラップのように語尾に韻を踏むとかは決まっていません。句の終わり、またははじめに同じひびきの音をおくことを指します。

詩の世界では古くから押韻によって、詩にリズムを与えていました。心地よいリズムで詩を聞くと、不思議と言葉の持つ響きが強調されたりしますよね。

特定の言葉を強く印象付けたい場合に韻を踏めば、聞いている人の頭の中にもその言葉が強調されます。

そうすることで、詩を呼んでいる人にメッセージを伝えやすくなります。つまり『韻を踏む』ということで、よりメッセージを伝えることになるのですね。

なので、音楽関係者の方のなかには、韻を踏んでいるだけでメッセージのない歌詞を嫌う人もいるんですね。理由は、韻を踏めばどんなに意味のないメッセージでも聞いている人の頭の中に刷り込まれてしまうから。

「メッセージ性がない歌詞で音楽を馬鹿にしている」

そう考える人がいても、無理はないと思います。

個人的には、メッセージ性がなくても心地よく聞ければいいのかな~と思っています。例えば、パフィーの音楽とかそうですよね。なんとなく聞いていて心地よいです。歌詞の意味がわからない曲も多いですが・・・^^:

以上、なぜラップでは韻を踏むのかについて調べてみました。

スポンサードリンク

書いている人はこんな人

管理人
どうも、管理人です。

高校卒業まで東京で過ごし、大学から京都に来ました。京都や日本の魅力を伝えるブログにできれないいなと思っています。京都と就活記事とたまに政治経済を少々書いていきます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top